人気ブログランキング |

カテゴリ:museum( 2 )

民藝館


少しづつ過ごしやすくなってきたここ数日。
急に思い立って、何年かぶりに日本民藝館に足を運んでみた。
近いのに、近いからか、ずいぶんご無沙汰してしまった場所。

ちょうど芹沢銈介と柳悦孝 染めと織のしごと 展示をしているのも気になって
行ってみたが、自分にとって、なんともここちよい場所であることを再認識。
館内の窓にかけられていた藍染め絞りのカーテンが夏を感じさせる。
今回の展示の染と織もよかった。
20年くらいだか昔のものなので幾分、色がぬけてきているのですが、
色のバランスや選び方、デザインと素敵な作品ばかり。
見た瞬間にいいと思うものより、じんわりとあの作品よかったと思うものが多い。
それはやっぱり生活の中の美というやつだからなのかななどと思たりする。
f0200178_74130.jpg

by abebe_039 | 2011-08-30 06:32 | museum

沖さんの


ちょうど、青山のギャラリーで個展をしていると知り、その近辺に用事があった事も
ありまして拝見した沖潤子さんの作品。
写真で見たことはあったがやっぱり実物はよかった。
何がそんなに凄かったかと言いますとなんとも言葉にできないのだけれども。
しいていえば、繊細な細いラインで綴られた刺繍がそのひとつ!
細かいステッチは気が遠くなるほどのラインが何十にも。
だから、観れば観るほど、観てしまうずっと眺めていたくなる作品ばかりで。
それ以上に彼女のセンスを感じる糸、布と選び方。
独特の使い捨てふるされたようなくたっとした生地だったり何処で手に入れたの?
ききたくなるような深みをおびた布。その上に金色のステッチを入れたりする作品には
はっとさせられたりもする。
そして、ためいきがでるほどに…。

繊細な仕事とセンスを尊敬しつつ、我が作品を生み出し続けようと改めて感じる作品に巡りあえた。
春のような繊細な作品と出会えてよかったと想う。

*たしか、明日までだったはずなのでご興味ある方はお急ぎあれ。
by abebe_039 | 2011-03-01 07:01 | museum