ライオン皿と


本日も九つ井の思い出を。
毎年、顔を合わせるようになり、どのくらい経ったでしょうの初期メンバー。
今年も顔を合わせてお互いの近況やたわいのない会話を交わすことが毎年のお決まりになってきている。
陶器のm.yamさんもそんな1人。
年々、パワーアップしている彼女の作品、愛くるしいキャラクターなのか、なにか引きつけられる
魔力に吸いよせられてここ数年、今年始めの個展には、伺えなかったので、
これまた ずーと気になっていたのです。
今年もその磁器に引き寄せられ、1日目から気になり、夢にまで出てくるまでに。
そんなこともあり、使い勝手のよさそうなライオン皿をチョイスしてしまった。
だけど、これを決めるまでにどれにしようか、すごく迷い迷い長かったのです。
なんせ、どのコも愛おしいコばかりで…。
と、好きな器にマットにホクホクで過ごしているこの頃でした。
f0200178_6515431.jpg


遅くなりましたが先日まで行なわれていましたASIAN ACCENTSさんのバック展、
お越し下さった方、お買い上げ頂いた方、そしてオーナー夫妻 ありがとうございました。
今回はギャラリーさんには伺えず、諸々とお願いしてしまいました。
また、次回展示できるよう頑張っていきたいと思っています。
[PR]
by abebe_039 | 2013-11-06 06:20 | day by day | Comments(0)
<< 早いもので マットとともに >>