かいくぐっって


ちょうど、昨日まででした波多野裕子さんと手鞠作家の布仁美さんの二人展「autumnale」展に行ってきました。
自分が伺ったのは九つ井のイベントと台風とが重なった時で隙間をかいくぐって代官山へ。
以前から波多野さんのガラスの作品は好きでガラスととも陶器ともいえない質感と色彩が
美しい作品をつくられる方。
今回は秋をイメージしてとのことで秋色の作品が並んでいました。
ご一緒されていた布仁美さんの作品との作品の相性がぴったり。
細やかな手鞠の作品の幾つかの糸は葡萄の皮で染めたものを使っていると聞き、驚きました。
手鞠の作品も素晴らしかったのですが、やはり波多野さんの作品をと。
赤紫と青のなんともいえない色彩の15㎝ほどの器を頂いてしまいました。
まだ、使っていないこの器、まずは葡萄を載せてみようかと思っているところです。
f0200178_7211854.jpg

ん〜この色彩は写真では上手く表現できないくらい、微妙な色なんです。
[PR]
by abebe_039 | 2013-10-31 06:44 | day by day | Comments(0)
<< マットとともに 陶郷 有難うございました。 >>